医療レーザー・家庭用フラッシュ式

医療レーザー脱毛は、「永久性」から人気がある方法です。
こちら、黒い色だけに反応する光を肌にあてることで熱エネルギーになり毛根を破壊する仕様になっています。
熱の感じは輪ゴムで弾かれるような刺激と言われています。
わたしもワキの部分で試してみたことがありますけど、箇所によって刺激を感じました。
軽くパッチをするときは平気なのですが、連続で熱をあてたときにチクリとします。
このときに気を付けてほしいと言われたのが乾燥です。
肌がカサ付いていますと、レーザーの効果が弱くなり、思うような効果が上げられないからです。
たとえば腕や足のような部分はワキより幅が広くなりますので、お風呂上りのときにたっぷりとクリームを塗って保湿をするのが鉄則です。
ちなみにこの頃は、家庭用で使えるというマシンの需要性が高くなっています。
こちらの場合は、「エステサロン」で扱っているフラッシュ式という性能です。
フラッシュ式は、レーザーより熱エネルギーが弱いつくりになっています。
もはや家庭用脱毛マシンであったら、自分が好きなときに処理が行えますので、何万円を掛けてお店を利用するより金銭面でおトクになります。
はじめに掛かる費用は70,000円です。脱毛マシンだけで言うと割高なように感じますけど、「エステサロン」を30回、40回と通っているより効率が良く、バスや電車賃など交通費の節約にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>