お風呂で一生懸命ムダ毛処理!

ここ数か月ムダ毛の処理をしていません。そのせいで思いっきりムダ毛が伸びていたんですね。だから今日はお風呂でムダ毛を剃ることにしました。明日は丁度友人とショッピングに行く約束もあったので、丁度いいと思って処理しました。彼氏とは4か月前くらいに別れてそれからフリーです。だから最近ムダ毛の処理をさぼってばかりいたんですよね。そのせいでムダ毛がすごい状態になっていて、一生懸命カミソリを使って剃りました。

途中でムダ毛だけじゃなくて、脇を切ってしまうと言う失敗もありつつも、なんとか小さな傷だけでムダ毛処理は終わりました。処理した後にはすごい量のムダ毛が排水溝に溜まっており、うわーっとなりました。毛深い私のムダ毛はすごいものがあって、よくこんなに伸ばしたなと自分でもびっくりです。

そんなわけでムダ毛がスッキリと無くなり、爽やかな気分になりました。ムダ毛の処理の後はしっかりと保湿ずみです。この保湿ケアをしないと私の場合は肌が荒れたりしますからね。しっかりとケアしておきました。これで明日はスッキリとした気分でショッピングができそうです。やっぱりムダ毛を剃るのって大事ですね。心がこんなにすがすがしい気持ちになったのは久しぶりかもしれません。そろそろ気持ちも吹っ切れてきたことだし、新しい彼氏でも探そうかななんて思っています。

長岡の脱毛サロンに関する情報をお探しならこのサイトがおすすめです
長岡で人気の脱毛サロンはここ

わきが体質の人は、香りの付いたデオドラントに特に気をつけましょう

デオドラントには、実に多種多様なタイプがあります。

デオドラントの種類を挙げるとスプレータイプや拭き取りタイプ、クリームタイプなどがあります。

デオドラントですから、どれを選択しても構わない様に見えると思います。

ここが最も大事なポイントです。

わきがの場合は、絶対に選択してはいけないデオドラントがあります。

それは、微香性のあるデオドラントの全てです。

スプレータイプであろうと、拭き取りタイプであろうと、香りは一切必要ありません。

アポクリン腺から出る汗には、臭いの元になるものがたくさん含有されています。

わきが体質の人が使用すると、脇から出る不快な臭いと微香料が一緒に混ざってしまいます。

そのことにより不快な臭いが、より一層強度になり、ドンドンと悪化しやすくなるのです。

つまり、たとえ、いい香りであっても、わきがの場合に限っては、逆効果になる場合が日頃から本当に多いのです。

ついついそういう場合に、良い香りでごまかしてしまいたいという気持ちはとてもよく分かりますが、なるべく控えておくことが正解だと思います。

最終結論としては、わきがの人の場合は、使用するデオドラントとしては、無香性のものを選ぶのが正解だと思います。

ただし、無香性とはいっても、完全に臭いを除去することは不可能だと思います。

なので、わきがに対するデオドラント使用は、あくまで「一時的な臭い消し」として考えておく方が無難でしょう。

とにかく、普段からわきが体質の人は、微香性ではなく、無香性のデオドラントを使うべきだと思います。

ワキガ対策商品ならここ

なぜ6月になると脱毛の予約は取りづらくなるか

脱毛の施術を受けるとなると、予約は大きなポイントになります。やはり多くの方は、予約の取りやすさを重視している事が多いからです。

確かに一部のお店では、とても良い施術を行ってくれます。しかし肝心の予約が取れなくては、あまり意味が無くなってしまうでしょう。

ところで脱毛の予約を取る為には、シーズンなどは大きなポイントになります。なぜなら特定のシーズンになると、予約が取りづらくなる傾向があるからです。気をつけた方が良いのは、梅雨の時期になります。

そもそも人々が脱毛を行う理由の1つは、肌の露出頻度なのですね。夏になれば、嫌が応でも肌の露出が多くなる傾向があります。それでむだ毛の処理を行う方々も、増えてくる訳ですね。

とりわけ脇の下などは、かなり目立つパーツになります。夏になると水着を着用する機会も増えますが、わきの下の自己処理が大変なので、エステ店で施術を受けようと思っている女性の方々も多いです。

そして脱毛の施術というのは、夏の少し前の時期に行われる傾向があります。7月になってから施術を受けるのではなく、むしろ6月など梅雨の時期に施術を受けている方々が目立つ訳です。7月になってからでは、少々遅いからです。ですので6月などは予約が殺到する傾向があります。

このため脱毛のお店で無難に予約を取りたいと思うなら、できるだけ6月などは避けた方が良いでしょう。むしろ4月や5月など少し早めのタイミングで予約をする方が良いですね。