なぜ6月になると脱毛の予約は取りづらくなるか

脱毛の施術を受けるとなると、予約は大きなポイントになります。やはり多くの方は、予約の取りやすさを重視している事が多いからです。

確かに一部のお店では、とても良い施術を行ってくれます。しかし肝心の予約が取れなくては、あまり意味が無くなってしまうでしょう。

ところで脱毛の予約を取る為には、シーズンなどは大きなポイントになります。なぜなら特定のシーズンになると、予約が取りづらくなる傾向があるからです。気をつけた方が良いのは、梅雨の時期になります。

そもそも人々が脱毛を行う理由の1つは、肌の露出頻度なのですね。夏になれば、嫌が応でも肌の露出が多くなる傾向があります。それでむだ毛の処理を行う方々も、増えてくる訳ですね。

とりわけ脇の下などは、かなり目立つパーツになります。夏になると水着を着用する機会も増えますが、わきの下の自己処理が大変なので、エステ店で施術を受けようと思っている女性の方々も多いです。

そして脱毛の施術というのは、夏の少し前の時期に行われる傾向があります。7月になってから施術を受けるのではなく、むしろ6月など梅雨の時期に施術を受けている方々が目立つ訳です。7月になってからでは、少々遅いからです。ですので6月などは予約が殺到する傾向があります。

このため脱毛のお店で無難に予約を取りたいと思うなら、できるだけ6月などは避けた方が良いでしょう。むしろ4月や5月など少し早めのタイミングで予約をする方が良いですね。

医療レーザー・家庭用フラッシュ式

医療レーザー脱毛は、「永久性」から人気がある方法です。
こちら、黒い色だけに反応する光を肌にあてることで熱エネルギーになり毛根を破壊する仕様になっています。
熱の感じは輪ゴムで弾かれるような刺激と言われています。
わたしもワキの部分で試してみたことがありますけど、箇所によって刺激を感じました。
軽くパッチをするときは平気なのですが、連続で熱をあてたときにチクリとします。
このときに気を付けてほしいと言われたのが乾燥です。
肌がカサ付いていますと、レーザーの効果が弱くなり、思うような効果が上げられないからです。
たとえば腕や足のような部分はワキより幅が広くなりますので、お風呂上りのときにたっぷりとクリームを塗って保湿をするのが鉄則です。
ちなみにこの頃は、家庭用で使えるというマシンの需要性が高くなっています。
こちらの場合は、「エステサロン」で扱っているフラッシュ式という性能です。
フラッシュ式は、レーザーより熱エネルギーが弱いつくりになっています。
もはや家庭用脱毛マシンであったら、自分が好きなときに処理が行えますので、何万円を掛けてお店を利用するより金銭面でおトクになります。
はじめに掛かる費用は70,000円です。脱毛マシンだけで言うと割高なように感じますけど、「エステサロン」を30回、40回と通っているより効率が良く、バスや電車賃など交通費の節約にもなります。

自己処理は慌てないで落ち着いてやろう!

ムダ毛の処理を急いでしようとするのは間違いです。できる限り余裕を持って処理しましょう。慌てて処理しようとすると痛い目をみます。私は大慌てで処理して案の上、痛い目をみました。本当に気を付けた方がいいのです。

特に危ないのがカミソリ処理をスピーディにしようとした場合です。カミソリって立派な刃物です。これを慌てて使ったら、皮膚を切ってしまうという痛い失敗をしでかします。だから慌てずゆっくりとやりましょう。だいたいカミソリでの処理って落ち着いてやってもそんなに時間はかかりません。手足をすべて処理したとしても15分もかからないくらいで終わります。だから焦る必要はないのです。しっかりとシャワーで体を流してから泡立てた石鹸をまとってムダ毛処理に及びましょう。

私は一度とにかく急いでいて、無謀にもお風呂を使わずにムダ毛をカミソリで剃ろうとしたことがありました。でもこれって無理です。皮膚がカサカサの状態ではカミソリは肌の上を滑りません。だから私は適当に水を付けて、再度ムダ毛を処理しようとしました。そしたら次は焦りにあまりシュッとカミソリを強くあててしまって、足を切ってしまったのです。血が滲んでくるし、痛みもあるしで最悪でした。このような失敗をするので、焦らず冷静にカミソリを使ってください。

いくらカミソリと言っても、やっぱり切ったら痛いですからね。自分のお肌を傷つけないように注意しながら自己処理をしましょう。